荒仕事で夜勤が辛すぎて辞めたいと思った!

ナースはさっそくスタミナ出勤だ。何よりも辞めたいという気持ちになったのは役割が過酷な上に夜勤がどうしても辛いです。昼夜逆襲の生活になってしまうと隠密も無くなってしまうようなものです。身寄りや周りとの時間も減ってしまいます。わたくしがこれはもう辞めたいと決心したのは、妻の実情が小さい段階でした。エネルギーでうなされて掛かる妻を単独記した通りナースとして夜勤へ行かなければならなかったタイミングだ。わたくしはナースという本職なのだから、目の前で女性が疾病に倒れていたら看病したい、手つだいたいという気持ちになります。でもそんなふうにはいきません。代わりに夜勤へ出ていただける人物はいないですから、どれだけ女性の体調が悪くても、夜勤へ向かわなければならないのです。ますますその役割もハードで、小憩もざっと取れなくなるぐらいだ。クリニックでの出勤は生活何が立ち上がるかわからない見込不可能ものですから、精神的にも心苦しいタイミングが長くなってしまう。体だけでなく、心理も壊れてしまうのではないかという心配がありました。身寄りよりも、出勤がプライオリティーとなってしまう基盤が必ず辛いです。わたくしはそれが原因で、ナースを辞めてしまいたいって激しくおもうことが何度もありました。