私的の期間が持てないのが辛かっただ

わたしがナースの仕事をして一番に辞めたいと思った理由は、ともかく非公開の歳月を持つことができないところです。わたしには交際して掛かる男性がいました。付き合い5時目線なこともあり、世代チックにもこれからお互いにウェディングを決めるという話にもなっていたのです。でもわたし自身のナースとしての業種がだいぶ忙しく、わたしが夜勤の時に彼は日勤で、日曜日も出会えることが無くなり、久方振りの休日もうんざりという疲れてしまってどこへも立ち寄ることがありませんでした。彼にはかなり修行をかけました。わたしが仕事をして疲れているときは、清掃や洗濯などを一切こなしてくれていたのです。ナースとして動くため大切なヤツを失うのではないかという心配がありました。行き違いの毎日が続き、何とか彼から別れを申し込まれたのです。ウェディングを通してもこんなやりくりが貫くのでは行く末が見えないといわれました。その時に、今まで修行をかけてしまったことを思い起こし、ナースの業種を辞めたいというようになりました。自分の運命が業種で奪われて仕舞うような、そういったデメリットがあったのです。結果彼は離れることになってしまいました。しばしショックで食欲もなくなりました。業種って非公開を賢く両立望めるヤツが、ナースに向いています。